イベントに関する準備などは事前に色々と調べて行なうようにしよう

Service shoot Photo

一生に一度の記念

お宮参りは一生に一度です

お宮参り、これは生まれてはじめてのセレモニーです。そして、この時期にしかできない、一生一度の大切な日でもあります。そんな日大切なお宮参りを、素敵な1枚の写真に残しておきたいと思うのは、親なら皆同じです。昔も今も親の思いは一つなのです。お宮参りとは、生後30日過ぎ、家族の一員として氏子である神社にお参りし祝福を得るという風習です。かつては、男子、女子それぞれに着物を着せ、両家で出向きお参りをするというものでした。そして家族写真を撮影する事もあったと思います。しかし現在では、もう少しライトな感じに受け入れられており、夫婦だけでお宮参りに行くというのも珍しくありません。そして、現代でも同じく記念撮影をし写真にのこすという風習は変わっていません。写真は時代を越えて残っている素晴らしものです。

これからは益々高くなる写真への意識

そんなお宮参りですが、昔よりカジュアルになりつつある現在ですが、この成長を思い願うというのは、何時の時代も共通しているものです。そして、時期やスタイルにこだわらず無事生まれてきてくれた我が子のお参りをするということは、とても望ましい形だと思います。そんな時代の流れのなかで、お宮参り写真というのは昔から受け継がれている風習でもあります。そして、現代ではさらに進み、お宮参り写真と、家族の記念写真を合わせたようなものが主流になっており、気軽にインテリアとして飾ることもできる作品です。そしてこれからは、もっと盛んになるであろう写真ですが、価格もお手軽に多くのポーズをとれるようになってきています。大切な家族の繋がりを守ってくれる役割になってくれることと思います。